Bleu

愛しき者たちとの日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-09-26 [ Fri ]
今、息子は伸び盛りです*:..。o○☆ *:.*:..。o☆ *:..
毎日、嬉しいことを知らせてくれます。
その中で息子と主人への申し訳無い気持ちはいつもあります。
より強く感じます。

でも、今大切なものは何か深く気づき始めました。

私は過去のトラウマ(生育環境の酷さで両親の不仲、暴力の光景・ゆがんだ育児は子供へのある種の虐待)にとらわれ、その辛さから抜け出せずに両親への恨みでいっぱいでした。

過去の辛さは特に幼いうちから両親による受けた傷が深ければだけ深いだけ、我慢していればしているだけ、病気等何らかの形で現れると思っています。

そして自分が親になってから今、自分が正気で良くなってきている段階で本当の親の愛をより深く身をもって知ることだと思う。
親として大切なことに気づきます。

育児の段階で躓き、産後うつから発症した今の病気と向き合って闘い続けていく中で虐待になりそうだった時に母親としての育児のあり方が分からず育児書をいくつも読んでも病気についての本を読んでも答えが見つからなかった。
市内の母子支援センターへの相談、自殺未遂、息子の発達障害の発覚とそれによる自責感、内面が子供だった自分だけしか考えられない状態での息子の療育生活、アルコール依存症になりかけて痛風になるところだった育児生活と自殺企図に襲われる精神、4回の転院と服薬の内容の変化、入退院の繰り返しの中で狂気になって医療保護入院に変わった半年の監獄のように思えた日々・・・。

そんな中を常に支えてくれたのは主人と主人の両親と親戚の皆様。
主人がうつ病になるところでした。
今の主治医と今でも大量の私に合ったお薬も私を引き上げてくれました。
実家の母が気づきかけてきた後悔。(父は死ぬまで自分が原因の一部だったとは分かりません)

そして何より、息子の苦労。
病気の私を頼らざるを得なかった日々、息子の保育園の年中から通った学研教室とスポーツクラブで体操とプールを習ってきた努力、必死で自分ではがゆくもどかしかった思う言葉の遅れや病気の受け入れと我慢、学童と学校でいじめにあったこと、2年生で転校して特殊支援学級での明るく楽しくなった日常、人に対する思いやりと優しさ。

この息子の存在とどんな私でも支えてくれた主人が私を救ってくれたのだと思います。



最近になってようやく大切なものに気づきました。

過去は変えられないこと。

今と未来が大切なこと。

主人と息子が大切で守ること。

ポジティブに考えられるようになってきたのです。


そして、ブライス。
ブライスを通じて知り合えた大切なお友達。

闘病中に知り合えたお友達。


ありがとうの気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです!!


今気づいている気持ちと支えてくれている家族とお友達の存在を大切にしていきたいと思います*:..。o○☆ *:.*:..。o☆ *:.


スポンサーサイト

 | HOME | 

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

りな***

Author:りな***
心の病を患っていますが、Blytheに心を和ませてもらっています*:..。o○☆ *:.*:..。o☆ *:..
リカちゃんブログもあります。
http://ameblo.jp/punira2/
http://rinaru.jugem.jp/

fc2

FC2 Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。